入居後に後悔しないために

水回りで見ておくべき点

物件を選ぶ際に不動産業者に大まかな部屋の間取り等を伝えると思います。
賃貸物件の場合水回りのこだわりを聞く方は少ないです。
そこで、確認すべき箇所がいくつかあります。
それは、水回りが綺麗(カビや錆がないか)かどうか、キッチンの下にあるホースの耐久性、バスルームの排水のし易さ、トイレの排水や水の洗浄時間です。
カビの有無や錆が出てこないかなどは住んだ時に人体に影響してしまいますのでこの確認は必須です。
キッチンの下のホースに関しては排水したときの水漏れに影響します。なので、ホースが新しいものか簡単に抜けないか確認してください(確認する際は不動産に了承を得てください)。
バスルームの排水のし易さは湯船の水を流した時にスムーズに流れるかどうかを見てください。逆流を起こし汚れが浮いてきたケースもあります。
トイレの排水時間はスムーズに流れるかどうか、排水時間は長くなると水道代に影響してしまいます。

築年数と水回りの関係性

賃貸アパートなど築年数が経つにつれて水回りも影響してきます。
特に見るべきポイントは以下の数点です。
「カビの有無」「シンクや壁の劣化」「蛇口や排水口などの劣化」などです。
カビの有無に関しては、目視である程度確認できます。それに加えて、換気扇などの換気環境を確認しておきましょう。
シンクや壁の劣化については、シンクに大きな傷やサビが付いていないか、バスルームの壁にヒビなどがないかなど確認してください。錆やカビの原因になります。
最後に蛇口や排水口の劣化については蛇口の水漏れがないか、閉めたらしっかり水が止まるか、排水口はスムーズに流れたり詰まりを起こさないかを見ましょう。
この数点を確認するだけで今後の生活の質も変わっていくと思います。


この記事をシェアする