意外と見落としがち?水回りの問題

掃除しやすい便利な水回り選び

使いやすいと言っても、どういうものかわからない方もいるかと思います。
それは大まかに言うと掃除し易い便利な水回りです。
キッチンで言えばシンクです。撥水加工など流れやすくできていないとカビの原因になります、掃除のし易いものを選びましょう。
トイレでは洗浄力や節水できるもの、温便座機能やウォシュレット昨日のあるものを選びましょう。それに加えて汚れが流し易いものや凹凸の少ないものを選びましょう。あと、消臭機能も忘れずに確認してください。
バスルームは、床の撥水が良いものや換気機能のあるものを選びましょう。バスルームはカビが発生し易い場所なので注目して見ましょう。
基本的には、汚れの落ち易さを重視して選ぶといいかもしれません。

進化する水回り

現代における水回り事情はとても素晴らしいものが多いです。
賃貸だからと甘く見てはいけません。リフォームによって新しいものに変えられている物件もあるからです。また、新築のマンションなどは比較的多機能なものに変えられています。
例えばキッチンです。水がすぐ流れる撥水機能や、省エネの蛇口、タッチ式のガスコンロなどがあり、乾燥機付きのものもあるようです
バスルームでは撥水機能が高く床が冷えないものがあり乾燥機付きのものがあります。
トイレでは自動で便座が上がったり、多機能なウォシュレット機能、洗浄し易い構造になっていて、掃除をしやすいように全て取り外せるものもあります。
これらはほんの一部ですが、たくさんの水回り設備があり賃貸マンションにも導入されているものもあります。自分に合う賃貸物件、水回りを選ぶことでより良い生活の質が向上できます。


この記事をシェアする